信長三百年の夢 小説日本通史戦国〜元禄の繁栄 (祥伝社文庫) [ 邦光史郎 ]

信長三百年の夢 小説日本通史戦国〜元禄の繁栄 (祥伝社文庫) [ 邦光史郎 ] 信長三百年の夢 小説日本通史戦国〜元禄の繁栄 (祥伝社文庫) [ 邦光史郎 ] 信長三百年の夢 小説日本通史戦国〜元禄の繁栄 (祥伝社文庫) [ 邦光史郎 ]

小説日本通史戦国〜元禄の繁栄 祥伝社文庫 邦光史郎 祥伝社ノブナガ サンビャクネン ノ ユメ クニミツ,シロウ 発行年月:2001年02月 ページ数:568p サイズ:文庫 ISBN:9784396328450 邦光史郎(クニミツシロウ) 1962年『社外極秘』で直木賞候補になる。

以後、企業推理、歴史小説はもとより『法隆寺の謎』『謎の正倉院』『海の邪馬台国』(いずれも祥伝社文庫)などの歴史書で多くの読者を魅了する。

『信長三百年の夢』は、斬新な発想で、旧弊な体制をうち捨てて天下統一の道標を打ち立てた織田信長、豊臣秀吉、徳川家康への権力の移行、そして武士から商人の時代への移り変わりを描いた『小説日本通史』の第6弾である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 既成の価値観を否定し、神仏をも恐れない男織田信長。

彼の出現は、応仁の乱以来百年以上も続いた我が国最大の動乱に一大転機をもたらした。

抜きん出た合理精神は、明らかに日本を別な方向へ牽引しようとしていた…。

が、天正十年(一五八二)、本能寺に信長が斃れるや、日本の命運は激変する。

戦国の動乱から江戸の繁栄を、生き生きと描く大河歴史小説。

本 小説・エッセイ ノンフィクション 文庫(ノンフィクション) 小説・エッセイ 日本の小説 著者名・か行 文庫 小説・エッセイ 文庫 人文・思想・社会

  • 商品価格:925円
  • レビュー件数:0件
  • レビュー平均:0.0

夢小説 関連ツイート

今、ネット通販で売れている商品のおまとめサイトはココ⇒超人気商品おまとめ